毛深い男は尻毛も陰部(VIO)もやはりフサフサ系・・さてどうする?

尻毛の脱毛すすめ

ヒゲや腕や足などの目に見える部分が毛深い男性は、隠れた部位もボウボウに生えている傾向が多いです。さらに、陰部はもちろん、お尻や背中にまで毛が生えているのも珍しくありません。剛毛ぎみの男性は密かに悩んでいることはどんなことでしょう?

剛毛男子の尻毛、陰部(VIO)の毛の悩み
  1. 毛深い男は流行らない!剛毛人生を終わりにしないと結婚できないのでは?
  2. 尻毛も陰部の毛も、生えている意味がわからない!
  3. 毛深いのを改善できるなら是非やりたい。⇒脱毛
これは剛毛男子が主に抱いているの心の声でもあります。

一生付き合いたくない「剛毛」とどう付き合う?


ヒゲなどは、朝きれいに剃っても夕方にはもう生えてくるし、足のすね毛も腕も毛深くて、背中や胸や尻にまで毛が生えていて友達や同僚によくからかわれる。今の時代、剛毛の男性はビジュアル的に損をしています。

毛深い男性が好みという女性も稀にいますが、大半は胸毛や尻毛には拒否反応を示します。

また剛毛の男性は陰部(VIO)も毛深い傾向にあり、蒸れると不快だし臭いも気になります。

ヘタに自分で剃ると傷つけたり荒れたりするし、剃らないと水着さえ選べない!と、かなり切実な問題なのです。

何もしなければ、一生剛毛と付き合っていくしかありません。悩みから解放されるには、薄くする、永久脱毛する、という方法をおすすめします。

完全なムダ毛がはえてこなくなるような永久脱毛にするには、とてもお金がかかってしまうので、医療レーザー脱毛で病院を利用すれば、確実な脱毛ができるし、リーゾナブルに気軽に始めたいというなら、メンズ専門の脱毛サロンも最近では、かなり人気が高まっていて、毛深い男性がそれなりのメリットを求めて利用しています。

毛深い芸能人として代名詞になっていたあの人ですら、メンズ脱毛に通ってずいぶんスッキリしましたよねー。

陰部(VIO)の毛は何のために生えているの?


毛深い男性のあなたは、自身の陰部(VIO)の毛についてどう思っていますか。どんなコンプレックスが多いのでしょうか?

毛深い男性の陰部(VIO)の毛に対するコンプレックス
  • Vライン:パンツからはみ出ない程度に納まっていてほしい
  • Iライン:まったく必要性を感じない、無くていい
  • Oライン不潔・汚いだけ!無くなってほしい
  • 尻毛:とにかく恥ずかしいから、脱毛したい

Vラインに関しては、ツルツルにするよりも少し範囲を狭くして残したいという意見が多いのですが、IとOは百害あって一利なし、というほど嫌がられますね。

尻毛は人の目に触れることもあるだけに、一番処理しておきたい部分なんですね。

陰部(VIOライン)が毛深いけれど、うまく処理できる?


Vラインは自分でもできる部位ではありますが、もともと毛質が太くて濃いため、剃ったとしても生えてきたときのチクチク感がハンパなく不快です。IやOは、自分では見えないし、デリケートな部分だけに手さぐりで剃るのは恐いものです。

濃くて太い毛だからこそプロに任せるのがいいでしょう。

少しお金と時間がかかっても、コンプレックスから解放されるほうが、精神的にも良いのではないでしょうか。毛深い男性は、得てして陰部(VIO)の毛も濃いものです。

VIOにとどまらず、お腹の毛や尻にまで広がっている場合もあり、水着になったときなどは人の目が気になりますよね。

VIOの剛毛は、見た目に清潔感がないだけでなく、便が付着したり汗で蒸れたりして実際に不潔です。自己処理は危険だし、伸びてきたときが大変です。

いちばん確実な解決法は、脱毛サロンか医療クリニックで永久脱毛をしてもらうことですね。

関連記事

ページ上部へ戻る